このウェブサイトのムービー・ゲームなどを楽しむために、推奨環境(すいしょう環境)をご確認ください。推奨環境はこちら

料金所の仕事で大切なのは、速さと正確さ、そしてコミュニケーション。

高速道路を利用したときに、みなさんが必ず通るところはどこでしょう?
答えは、料金所です。
NEXCO東日本の高速道路を利用する車の台数は、一日なんと約270万台!
料金所で働く人たちは24時間・365日交代で勤務し、
高速道路を気持ちよく利用してもらえるように努めています。

通行料金の集め方は、2通り

  • 現金やクレジットカードの場合

    • (1)まずは、訪れるさまざまな車の種類をスピーディに確認。
    • (2)支払い方法が現金か、クレジットカードかなどを確認。
    • (3)正確に料金を受け取る。
    • (4)おつりがある時は、すみやかにわたす。
  • ETCの場合

    ETCカードを車載器(しゃさいき)にセットして、料金所のゲートを通るだけ!

    ETCカードをセットしないで通ろうとしたり、まちがってETCレーンに入ってしまった時には、安全確保し、適切に処理します。

ETCには、このような効果が!

  • 料金所での渋滞(じゅうたい)が解消され、もっと快適になる。
  • 現金のやりとりがなくなり、車がスムーズに通過できるようになる。
  • 機械で管理できるので、いろいろな割引が可能となる。
  • 渋滞解消により、はい気ガスがおさえられて二酸化炭素をさく減できる。

もうひとつの大切な仕事は、レーンの閉鎖(へいさ)

今度、料金所を通ったら、働いている人にあいさつするね!

料金所のもうひとつの大切な仕事、それは、高速道路で事故や災害、雨や雪による通行止めが発生した場合に、管制センターの指示により、すみやかにレーンを閉鎖することです。スピーディに確実に対応することが、みなさんの安全確保につながります。

保護者・教育者の方へ

料金所は24時間体制です。そこで働くスタッフは、料金の収受のほか、ETCのトラブルに対応したり、事故や災害時にはお客さまの安全を確保するためにレーン閉鎖や情報提供をおこなうなど、円滑な交通の確保に努めています。料金収受の際には、お客さまとのコミュニケーションを大切にし、真心を込めて業務にあたっています。
ETCの利用率も9割となり、お客さまがより安全・安心にご利用いただけるよう、ETCカード未挿入のお知らせアンテナの設置や、ETCセンサーの雪障害対策などにも取り組んでいます。

まだカードをゲットしていないよ!
本当にマップにもどる?